日本赤十字社は、全国で赤十字病院を病院を運営しており、その赤十字病院は地域の中核病院となっている。

赤十字社といえば、一番に献血を思いつく人も多いのではないだろうか。

そう赤十字社は、世界最大のネットワークを持つ人道機関です。

なので、当然赤十字病院も利益を目的とする法人が運営する病院とは違い、公的医療機関として存在する。

その赤十字病院に採用されている医師や看護師をはじめとする人々も医療を通じて社会貢献を目指す人が多い。



また赤十字病院には、ボランティアとしてその運営に参加する人が多いことも、赤十字病院の持つ一面だ。

ボランティアに参加することに弱腰に人も心配する必要がない。

参加する人ができる事、例えば入院中の患者さんの話し相手になる、清掃などの美化運動をするなどのことに参加すればよい。

ボランティアでなく赤十字病院で採用されると、僻地での医療や災害時に派遣される医療チームとして、働く機会を得ることが出来るかもしれない。




赤十字病院に採用されること、ボランティアとして参加することが、社会貢献に繋がる。

決して医療を提供するだけでなく、赤十字の人道、公平、中立、独立、奉仕、単一、世界性の七つの原則のもと活動することになる。

社会福祉を志す若者は、大学の医学部に通い将来医師となり、看護学科に通い看護師となり、夢を持って赤十字病院に採用されるべく努力を重ねることが出来れば、あなたの将来は、つらいことも、悲しいことも経験するかもしれないが、人が得られる最高の人生を送ることが出来るのではないでしょうか。